名古屋の家政婦の需要

名古屋の様な都市部だけでなく、近年は農家など過疎化が進む地域の高齢化が社会問題となっており、ホームヘルパーの需要が高まっています。しかし、家政婦は介護の資格を持っているわけではないため、医療に携わる仕事はできません。もう一つの問題として、高齢化社会において介護に携わる人材が不足していることも挙げられます。そのため、家政婦の農村部の需要は高まる一方なのです。

都市部の過疎化とは逆にスピーディーな時間の流れの中で多忙を極める方が多く、しかも近所に知り合いがいないケースが殆どです。都市部の問題点は、地域交流が極めて希薄であることにあり、共同体としての役割が果たされていないのが実情です。地方にあれば、近所の方を何日も見かけない、郵便受けに郵便物が貯まっているなどの理由で、何か異変が起きているのではないかと察する事が出来ますが、都市部では隣の人の顔すら知らないケースが多く、協力し合える体制は整っていないのです。

そういた環境にあって、家政婦の存在が重要になってくるのです。家に介護認定が下りていないけれども、目を離せない高齢者がいたり、未習熟の子供がいるなど、主婦が外に働きに出かけられない事情を抱えている家庭も少なくありません。女性の労働力が必要とされる昨今、育児休暇の期間が終わり職場に戻る際、子どもの保育が障壁となり職場復帰が難しいケースもあるのです。

朝夕の保育園への送り迎えや家事だけでも依頼できれば、主婦の活動領域は飛躍的に広がり、社会にとっても大きなプラスとなるのです。