家政婦に求められる事

家政婦を依頼する側が最も気にすることは、プライバシーを覗かれることです。どうしても家の中の隅々まで見てもらうわけですから、家族のプライバシーは少なからず侵されることになります。そのことに対して拒絶感が強い場合、家政婦を雇うことは難しいでしょう。しかしながら、家政婦は家人のそうしたデリケートな感情を良く理解しています。自身も主婦であるケースが多く、自分ならここは触れて欲しくない、自分ならばこれだけは守って欲しいなど、家人を理解し心理面での負担を軽減するノウハウも持っています。

また、多くの場合家政婦は家事代行業者に登録しており、事前に教育を受けています。一度依頼してみると、予想に反してビジネスライクであり、かと言ってドライでもない上手な対応に、居心地の悪さを感じないのです。契約であることをお互いに認識できれば、双方の領域を守り最適な関係が築けます。

家政婦は企業の清掃業者に共通している部分があります。個人情報などが置かれている可能性が高いオフィスで、個人情報に触れる事なく空気の様に粛々と業務をこなすことで、オフィス側も清掃業者の存在を意識しません。同様の関係が家政婦と家人の間にも自然に作られるのです。