子育てと家政婦

少子高齢化にブレーキをかけたい政府の意向とは裏腹に、子どもがストレスをためずに生活できる環境ではなくなっています。名古屋でも中高一貫校の導入など、少しずつ改善されている面もあるものの、経済的な理由から子供を産まない夫婦が増えているのも事実です。また、せっかく子宝に恵まれても、家族が生活をするために働かざるを得ず、子どもと一緒に過ごす時間が削られてしまうというデメリットもあるのです。

子供は常に世話をしてくれる人がそばにいる必要があります。身の回りの世話をするのが親であるのがベストなのは言うまでもありませんが、それができないならば子育てのプロに委託する事が最善策となります。家事代行業でもベビーシッターを依頼する事は可能です。また認可されている家政婦紹介所の家政婦も視野にいれ、子どもとの相性も鑑みながら選定する事が重要です。

家政婦の多くは子育て経験者で、子どもの話し相手になることも可能です。子供にとっては親には言えないことも相談できる身近な大人として、無くてはならない存在にもなり得るのです。子供の成長に必要なことの一つに、一人ぼっちで孤独にしないことが挙げられます。子供の心に闇を作ることの無い様、周りの大人は細心の注意を払う必要があるのです。

ストレスで一杯の親は、時として心ならずも子供を傷つけることがあります。それも含めて家族ではありますが、子どもの扱いに慣れたプロの家政婦が居る事で、平穏な日常を取り戻すことができるケースもあります。子育て中はストレスを貯めがちな両親にとって、家政婦は子育ての先輩として良い相談相手にもなり得るのです。