家政婦の役割

家政婦が必要となるシチュエーションの一つに、単身赴任があります。昔は夫の赴任地に妻や子供がついていくのが一般的でしたが、短いタイムスパンで転勤することは、子どもにとっても良い環境とは言えません。常に転校を繰り返すことで、親しい友人を作らなくなるリスクがあるのです。どうせすぐにここを去ることになるという感覚は、大人になっても何らかの影響がある場合があります。

今は単身赴任も珍しくないのですが、家事に慣れていない男性の一人暮らしはあっという間に荒れてしまいます。奥さんが働いている場合、頻繁に世話をするために訪れる事は不可能です。家政婦のニーズはここにあるのです。朝の忙しい時間帯だけでも家政婦に来てもらい、朝食の用意から掃除、洗濯、戸締りをしてもらうだけで、家の中が一定水準の清潔感を保つことはできます。予算の関係上、毎日が難しいならば、せめて週に1〜2日来てもらうだけで、部屋が惨状となるのを防ぐことができるのです。

また、一人暮らしを始めたばかりの新社会人は、新しい環境に慣れる事に精一杯で部屋の片づけが滞りがちです。新社会人は金銭的に余裕がないのが一般的ですが、月1回だけでも依頼する事ができれば、悲惨な状況からは免れるのです。劣悪な環境で生活をしていては、仕事にも支障を来してしまいます。