名古屋の家政婦の国籍

家政婦を雇う場合、考慮される項目の一つに国籍が挙げられます。意外に思われるかもしれませんが、家政婦の多くは外国人で、日本人家政婦よりも需要が高いケースが多いのです。中国ではフィリピン人家政婦を雇うことがステータスとなっていると言われている昨今、外国人家政婦の需要は世界的に高まりつつあります。

理由は様々ですが、同国人に家の事情を見られることに抵抗感を持つ主婦が多いことと、人件費が筆頭に挙げられます。もちろん日本人ならではの共有概念がありますので、日本人を希望するご家庭も多く、代行業者はどちらの希望にも副える様人材を確保する必要に迫られています。

外国人に対する偏見や不安感もゼロではありません。しかし、世界的にフィリピン人家政婦の信頼度が高く、仕事ぶりや家人との距離感など、高く評価されています。細かい部分にまで気配りができるならば、国籍にこだわる必要はないでしょう。また、プロの家政婦ならば家人に気を遣わせないノウハウも心得ているため、日本人だと雇いにくいという意見も減りつつあります。名古屋市は多くの外国人が生活するグローバルな都市なので、外国人家政婦を見つける事は比較的容易いのです。

結果的には選択は個々の家庭の好みによるもので、外国人が良いとか日本人が良いとする根拠は特にないのが実情です。ただ、家の中で働いてもらうことは極めて雇う側のデリケートな部分に依るところが大きく、100%ビジネスライクというわけにはいかない分野です。代行業者も幅広い要求に応じられるキャパシティーが求められます。