日本人の家政婦

一昔前までは、家政婦という職業はあまり選択肢にありませんでしたが、その理由の一つに勤め先が裕福な家庭であることで、勝手がわからないという不安感がありました。しかしながら、現在は雇用先も自分自身とそう変わらない家庭環境である場合、経験を活かして働けるため、家政婦代行業に登録する方が増えています。

日本における派遣という雇用形態での家政婦は歴史が浅いのが現状で、首都圏では外国人労働者の勢いに押され気味です。名古屋では未だ外国人家政婦は一般的ではなく、派遣される家政婦も日本人です。日本人ならではの日本の家屋や生活スタイルに慣れていることも重要で、外国人家政婦には把握できない部分があるのです。更にきめ細やかな仕事ができるのも、日本人クオリティとして需要が高いのです。特に炊事を依頼する場合、和食は日本人家政婦にしか依頼できません。

やはり日本人家政婦のニーズは高く、口コミで料理のレシピを家政婦さんに習ったという例もあり、家事のプロに学ぶことは多いようです。子育て中の若い夫婦にとって、やはり子育て経験のある家政婦は遠くに住む実母や継母に代わって心強い相談相手になっています。主婦としての経験と実績が貴重なスキルとして求められるのが、家政婦なのです。