孤独からの脱却

結婚直後、夫の転勤で見知らぬ土地で生活する事を余儀なくされるケースは数多くあります。見知らぬ土地で暮らすということは経験したことが無いとわかりにくいのですが、周囲に知り合いが居ないということです。夫は仕事先で職場の同僚や上司、部下などとのコミュニケーションがありますが、家に残された妻は知り合いもいない場所で話をする相手もなく、強い孤独感に襲われるのです。新しい環境で余裕のない夫は、そうした妻の状況を大した問題ではないと考えてしまいます。

妊娠すると保健所で近所の主婦と知り合いになるチャンスも生まれますが、そうでもない限り出会いの場がなく、最悪のケースではうつ病を発症することがあるのです。人はコミュニケーションをする動物です。会話をする相手がいない孤独というのは、名古屋の様な都会の中にいても一人ぼっちなのと同じなのです。

そこに家政婦のニーズがあるのです。慣れない地域での生活になじんで行く道先案内人として、地元の家政婦が強い味方となってくれます。失われたコミュニケーションが再開し、自らも家政婦として働くことを選択するケースも少なくありません。孤独からの脱却をも可能にするのが地元の家政婦なのです。