家政婦への気遣い

もし家政婦として働くことを考慮しているのなら、まず一度家政婦を雇ってみることをお勧めします。実際に雇う立場に立つことで、何を家政婦に期待し、どの様な部分にもどかしさを感じるのかを知ることができます。人を雇うことになれていない一般家庭の主婦にとって、家政婦との距離感をどうとるかはとても気になる問題です。派遣された家政婦がどの様に自分たち家族に接するのかを観察し、勉強する事で家政婦として働くときに役に立つはずです。

現在家政婦の求人は増え、東京などの首都圏はもとより、名古屋でも求人検索するとヒット数が多く、雇用率も高いのが特徴です。逆にいうならば、誰でも希望すれば家政婦の仕事に就くことができることを意味します。家政婦としてのスキルは千差万別で、雇用先の家庭で別の家政婦と比較されることを覚悟しなければなりません。

多くの家庭が不定期にしろ定期的にしろ家政婦を依頼する際、前回と同じ家政婦を希望するケースが多いのですが、次の雇用につなげるためには比較されても負けないスキルを身に着ける必要があるのです。スキルの中には雇い主との距離の取り方が上手い事も含まれます。雇う側としては家政婦に気を遣う状況は居心地が悪く、気を遣わせない家政婦を希望します。